Show Your Hand!!

本、映画、音楽の感想など。

Super Furry Animals@SHIBUYA-AX

去年のサマソニ以来のSFA来日!ってわけで、有給をとって万全の態勢で臨んだ超もじゃもじゃ動物たちのライブ。今回も期待を裏切らないたのしさで、とてもよかった。彼らのライブを見るのはもう4回目になるけど、例によって会場内はまったりムード、曲はちょぴりひねったポップ、メンバーのルックスはヒゲorハゲ、ウェールズ訛りのMCは超聞き取りづらい、「拍手」,「最高」,「DANKE」なんて書かれたプラカード、みんなでピロロローってやる"New Song"、シメは定番の2曲でアンコールはなし、と、あーいつものファーリーズだね、って安心感に若干の物足りなさを感じつつも、全体的にはやっぱりハッピーな気分で見ていられた。

少しだけ残念だったのは、序盤の出音があんまりよくなかったこと。ああ、こんなに盛り上がる曲をやってるのに音が微妙なんて…とおもわずにいられない瞬間が、正直何度かあったような気がする。

以下セットリスト。

Slow Life
Rings Around The World
Golden Retriever
Hometown Unicorn
Mt.
Moped Eyes
Demons
If You Don't Want Me To Destroy You
Inaugural Trams
The Very Best Of Neil Diamond
White Socks/Flip Flops
Ice Hockey Hair
Zoom!
Hello Sunshine
Juxtaposed With U
International Language Of Screaming
God! Show Me Magic
Neo Consumer
Crazy Naked Girls
The Man Don't Give A Fuck
Keep The Cosmic Trigger Happy

新譜からの曲は意外に少なかったようにおもえたけど、"Crazy Naked Girls"とか"The Very Best Of Neil Diamond"は、アルバムよりずっとかっこよかった。あと、"Ice Hockey Hair"をはじめて聴けたのもうれしかったなー。

ライブ終了後、AXの外で一服しながらおもい出していたのは、2年前、リキッドルームではじめてSFAを見たときのことだった。正直いまはあの頃みたいに彼らの音楽に熱狂してはいないし、あの日グリフがヴォコーダーで「ジャークスタポーズドウィージューー」って曲紹介したときの、全身をアドレナリンが駆け巡るような感覚はもうきっと得られないんじゃないかって気がするけど、それでもやっぱりライブはたのしいし、これからもぜったい見逃したくない!とかおもったりしたのだった。

Dark Days / Light Years [輸入盤CD] (RTRADCD546)

Dark Days / Light Years [輸入盤CD] (RTRADCD546)